BLOG
ー 新着物件情報や最新のお知らせをご紹介します ー

一週間で不動産コンサルティングマスターに合格の勉強法!

2020.01.17

賃貸経営


不動産ランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると励みになります。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ルームキューブは「友人に紹介したい不動産管理会社ランキング」で第一位に輝きました!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

不動産にはいろんな資格があります。
よく耳にするのは、

・宅地建物取引士
・建築士
・マンション管理士
・管理業務主任者
・賃貸不動産経営管理士

などかなと思います。

もちろん他にも細々した資格がありますが、専門的すぎてなじみはないかなと思います。

最近、国家資格に格上げされたのが「宅地建物取引士」。

「賃貸不動産経営管理士」も国家資格になるのかと噂はされていますが、賃貸不動産経営管理士に関する法律が制定、施行されなければ国家資格化はされません。
ただ、不動産管理に携わっている人であれば、比較的楽な今の内に合格しておくのもいいかなと思います。
(と言っても今年の合格率は受験者数の増加も相まって40%を割り込んだようです。去年までは半分合格していたのにですね。)

個人的に注目しているのがこの「賃貸不動産経営管理士」と対をなす「不動産コンサルティングマスター」です。

共に、不動産オーナーに対して管理会社として役に立てる資格だと思いますが、

賃貸不動産経営管理士:賃貸管理業務に関する知識
不動産コンサルティングマスター:不動産投資に関する知識

ざっくりと書くとこんな感じの位置づけかなと思います。

オーナー様の賃貸経営のアドバイスや、不動産投資のコンサル業務を行うことが多い私は、まず、「不動産コンサルティングマスター」を受験しようと思い、無事一発で合格出来ました。

今回はおすすめの勉強法や参考書、過去問の使い方などをご紹介したいと思います。

目次

  1. 1.不動産コンサルティングマスターと受験資格
  2. 2.不動産コンサルティングマスター合格に向けた勉強法
  3.  2-1.3年分の過去問を解く
  4.  2-2.関連の比較的簡単な他資格も勉強する
  5.  2-3.自分が不動産投資をするつもりで考える
  6. 3.時間がなかった僕の勉強法!
  7. 4.今日の一句

1.不動産コンサルティングマスターと受験資格

そもそも不動産コンサルティングマスターとは何でしょうか?
「公益財団法人不動産流通推進センター」のHPではこう紹介されています。

社会経済環境の変化に伴い、個人・法人を問わず不動産に関するニーズは多種多様なものとなっています。また、不動産の流動化・証券化の進展など不動産関連業務は高度化・複雑化してきており、不動産の有効活用や投資等について、高い専門知識と豊富な経験に基づいたコンサルティングが求められるようになってきています。
このようなニーズに的確に応えることのできる専門家として期待されるのが、「公認 不動産コンサルティングマスター」(旧・不動産コンサルティング技能登録者。以下同)、すなわち、当センターが実施する試験に合格し、不動産コンサルティングに関する一定水準以上の知識及び技術を有すると認められて当センターに登録された人たちです。
公認 不動産コンサルティングマスターが行う不動産コンサルティング業務については、平成11年9月に取りまとめられた『不動産コンサルティング制度検討委員会報告書』において、「依頼者との契約に基づき、不動産に関する専門的な知識・技能を活用し、公正かつ客観的な立場から、不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営及び投資等について、不動産の物件・市場等の調査・分析等をもとに、依頼者が最善の選択や意思決定を行えるように企画、調整し、提案する業務」と定義されています。

※平成25年1月に制度改正が行われ、新名称「公認 不動産コンサルティングマスター」が制定されました。

賃貸不動産経営管理士が借主・貸主双方の権利を守る為の知識を必要とする資格であるのに対して、不動産コンサルティングマスターは、貸主の為の不動産投資や賃貸経営をサポートする為の資格であると言えます。

そんな不動産コンサルティングマスターの資格取得の為の試験は、
「不動産コンサルティング技能試験」
という全50問の四肢択一式と、実務、事業、経済の必修3科目+金融、税制、建築、法律の中から選択1科目という、結構な量の試験となります。

これを二時間で解き切るスピードも求められます。
学生時代にも問題を解くスピードが異常に早く、試験は15分ほどで終わり、いつも寝ていた私でも、不動産コンサルティング技能試験には時間いっぱいかかりました。

こんな試験問題ですが、そもそも受験するために別の高いハードルの前提資格があります。

それは、

・宅地建物取引士(過去10年間の合格率は約15~17%)
・一級建築士(学科試験と製図試験の合格率を合わせると約12%)
・不動産鑑定士(近年合格率は、短答式:33.3%、論文式:14.8%ほど)

のどれかを取得していないと受験すらできません。
全て国家資格となっております。

そうした受験者の方々の中で、今は約40%の方が不動産コンサルティング技能試験の合格を勝ち取っています。

怪しげな「自称:不動産コンサルタント」さんが世の中にはたくさんおりますが、彼らは誰に認められたでもない、「自称」かもしれませんから大家の皆さんや不動産投資を検討されている方は、十分にご注意くださいね。

2.不動産コンサルティングマスター合格に向けた勉強法

実務において不動産コンサルティングを行っている人であっても、業務以外の分野からも問題が出題されますので、勉強はしておいた方がいいと思います。
また、そもそもの厳しい受験資格を満たした上で、更に今は国家試験でもない資格を受験しにくる「意識高い系」のプロたちが集まってきますので、勉強はしておいた方がいいかなと思います。

2-1.3年分の過去問を解く

【おすすめ度】
時間:☆☆☆☆☆
理解度:☆☆☆☆
合格後の役立ち度:☆☆☆

まずはやはり過去問!

最新の2020年度版過去問題集がすでに出版されていました。

過去3年分でいいのか?
と思われた方はすぐに買って勉強しちゃいましょう!

これ一冊を理解していればきっと合格できます!
後に紹介するものはほぼ補足と言っても間違いないです(笑)

2-2.関連の比較的簡単な他資格も勉強する

【おすすめ度】
時間:☆
理解度:☆☆☆☆☆
合格後の役立ち度:☆☆☆☆☆

不動産コンサルティング技能試験を合格し、公認不動産コンサルティングマスターに登録したのちも、その実力をいかんなく発揮したい方におすすめ。
相続・建築・税法等に関することを学び、更に最近の経済状況を的確に把握していき、不動産コンサルティングマスターの名に恥じない活躍をしたい!
と思う方はがっつり勉強しましょう!

ただ、1年に1度しかない試験なので、出来れば過去問中心にやって合格する方が試験対策上はいいかなと思います。
もちろん合格してからでも、まだまだずっと勉強していかないといけませんので、この方法はあまりお勧めしません。

2-3.自分が不動産投資をするつもりで考える

【おすすめ度】
時間:☆☆
理解度:☆☆☆
合格後の役立ち度:☆☆☆

果たして自分は何の勉強をしているんだろう?
と、いまいちピンとこない方は、自分が不動産投資をするなら、

何を気を付けないといけないのか?
何を知っておくべきなのか?
どういったリスクがあるのか?
どうやったら不動産投資で儲かるのか?
今は不動産投資を始めるべきなのか?

といった実践形式で考えながら色んな要素を頭に思い浮かべてみて、自分自身をコンサルティングしてみるといいかと思います。

これも2-2と同じように、色んな視野で取り組めば色んな知識が頭に入ってくるかと思います。

ただ、間違ったコンサルティングになってしまったり、時間もかかるのでこちらもあまりお勧めできないかなと思います。
やはり過去問がおすすめですね。

3.時間がなかった僕の勉強法!

冒頭でも書きました意識高い人たちと一緒に受けた不動産コンサルティング技能試験でしたが、何とか無事に合格することが出来ました。

しかし、実際に働きながら試験勉強って、宅建の勉強の時も大変でした。
定時で帰れるなら別にいいのですが、時間がまちまちな上、夜の大人のお誘いもあれば、時間もそうですが体力も削られますよね。

僕もふと思いつきで受験をしようと決めたのですが、なかなか時間が取れませんでした。

もちろん過去問も買いました。
しかし、過去問を開いたのは試験の一週間前。。。

真面目にやり始めると、本当に時間がありませんでした。

そこで取った、裏技的方法!

過去問の解説だけを全て読む!

ある程度自分自身では不動産コンサルの知識はあると思っていました。
また、個人的に政治や経済にも興味があるので、今の市場の状況などもある程度把握しているつもりでした。

となれば、間違いやすいところを先回りして勉強すればいいんじゃないかと思ったのです。

なんと!不動産コンサルティング技能試験を勉強する為の参考書ってないんです!
だから「解説を読む=参考書を読む」の感覚で読み進めていきました。
もう時間がなかったので、過去問は解いていません。
解説から、逆に問題を想像していました(笑)

過去問ってこんな使い方もあるんだなと感じました。

4.今日の一句

『何よりも 学んで受けて まず合格 コンサルの道は そこがスタート』

資格ってあるに越したことはないですし、対外的にもその資格を取得するに足る能力があると証明することが出来る大切な要素です。
学ぶことを諦めず、私自身も、弊社のメンバーも一緒に、これからも研鑽を続けていきます。
そしてお世話になっている多くのオーナー様に、きちんと業務でお返し出来ればと思います。

ちなみに、不動産コンサルティング技能試験を受けるだけで¥31,000-、登録するのに¥16,000-かかります(笑)
更に、上記した受験資格(宅地建物取引士・一級建築士・不動産鑑定士)に登録をして以降の実務経験が5年以上必要になります(笑)
いろんな意味でハードルの高い資格ですね(笑)

合格された方はきちんと有効活用していきましょうね。

大家さん、オーナーの皆様。
不動産投資・賃貸経営をより健全に行うためのご相談、お待ちしております。

◆◆◆ルームキューブ賃貸管理センターでは、賃貸物件を所有のオーナー様からの賃貸管理・不動産投資に関するご相談をお待ちしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。◆◆◆
お問い合わせフォーム
TEL:03-5806-3123

「賃貸経営」カテゴリーの記事一覧へ

【株式会社Q-be代表 榎本敦史の賃貸管理】
家賃滞納の督促が不動産業界の入り口。その家賃の回収から入居審査、立ち退き交渉など、様々な入居者の方の人生模様に触れ、不動産管理会社のあるべき姿を模索し、ルームキューブ株式会社を起業する。不動産投資のおまけのように扱われる不動産管理会社の仕事の大切さを知ってもらうために、収支改善、資産価値向上、コスト管理に空室対策といった分野で独自のアイデアを活かした賃貸管理サービスを提供している。


不動産ランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると励みになります。

LINEで送る
Pocket

その他の記事

最新NEWS一覧

その他の記事一覧

2020/02/23

賃貸管理

不動産会社のダメ対応。相手のフリ見て我がフリ……

2020/02/16

管理人の独り言

新型コロナウイルス対策の弊社営業について

2020/02/11

不動産投資の罠

失敗しない不動産投資のための「想定賃料」と「……

2020/02/09

不動産売却

台東区小島2丁目のクレイシア新御徒町の不動産……

2020/01/27

管理人の独り言

会社合併(事業譲渡)のお知らせ

2020/01/25

賃貸・売買物件情報

賃貸物件の内見が出来ない!?先行申込?先行契……

2020/01/17

賃貸経営

一週間で不動産コンサルティングマスターに合格……

2020/01/07

不動産売却

台東区蔵前4丁目のガラ・ステーション蔵前の不……

2020/01/06

賃貸管理

賃貸の入居審査が長い!一体どうして?

2020/01/05

賃貸・売買物件情報

2020年(令和2年)の住宅ローン金利動向を……

2019/12/28

不動産売却

台東区浅草橋2丁目のサンスターレ浅草橋の不動……

2019/12/27

空室対策事例

超空室対策!大家さんとのタッグで地方物件を即……