BLOG & MEDIA
ー 新着物件情報や最新のお知らせをご紹介します ー

水漏れ!故障!管理会社が休みの場合の対応方法について

2019.08.10

賃貸管理


不動産ランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると励みになります。

弊社のサテライト事務所のある蔵前から隅田川を渡ってすぐ!
スカイツリーのおひざ元にある「すみだ水族館」で、8月16日(金)~10月31日(木)の期間、「金魚♡(LOVE)展」が開催されます!

「金魚♡(LOVE)展」

響きがカワユスですね。

色んな金魚アートに出会える至福の時間をどうぞお過ごしください。
しかもお盆休み明けからの開催とは、これまた渋いですね(笑)

そんな今日は、賃貸物件にお住いの方やオーナー様向けの記事。
お盆などの連休期間中の物件の設備故障や不具合についてです。

ちなみに弊社は明日から5連休とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいませ。

目次

  1. 1.管理会社にも休みがある。
  2. 2.緊急時の対応方法について
  3.  2-1.加入している保険での対応
  4.  2-2.緊急コールセンターでの対応
  5.  2-3.必要費として後日請求
  6. 3.今日の一句

1.管理会社にも休みがある。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの大型連休期間。
管理会社で働いている方々も同様にお休みを取ったりします。

「管理手数料もらってるならちゃんと仕事しろよな!」

その気持ち、とても分かります。。。
では、連休中の臨時スタッフを雇用しますので、もう少し管理手数料を値上げさせていただいてもよろしいでしょうか?
もちろん入居者様の家賃に跳ね返るとは思いますが・・・。

なんて、こんな不毛な会話を繰り返してもしょうがないですよね。
連休、これだけはしょうがないと思っていただくしかないです。

年中無休の管理会社を探す方が正直難しいように思います。
どうぞご理解ください^^

2.緊急時の対応方法について

しかし、そんな世間の連休期間中にも、設備故障やクレームは時を選ばず発生してしまいます。

「こちらは休みなんだよ、知らねーよ。」

では通用しません。

もちろん、平常時と同様の対応は難しいかと思いますが、不動産管理会社なら、出来るだけの体制を整えておくことも必要かと思います。

管理会社が休み、それでも緊急で対応が必要、そんなときは一体どうすればいいのでしょうか?

2-1.加入している保険での対応

賃貸物件を借りた際に加入している火災(家財)保険。
そちらの付帯サービスに緊急時の対応サービスが付与されている場合があります。

水漏れ、ガス漏れ、鍵の紛失やガラスの破損など、中には各種設備の故障などにも無料(30分以内の作業などの縛りがある場合もある)で対応してくれたりします。

今一度加入されている火災(家財)保険のサービス内容を確認しておくと、いざというときに慌てなくて済むかと思います。

2-2.緊急コールセンターでの対応

こちらも賃貸借契約の際に「24時間緊急対応サービス」とか「24時間安心入居サポート」などに加入いただいている場合に使えたり、また、不動産管理会社によっては、専用のフリーダイヤルなどを備えている場合があります。(弊社も専用フリーダイヤルあります♪)

そちらの方で緊急駆け付けのサービスを受け付けていたりします。

こちらも同様に30分以内の作業なら無料とか、内容はそれぞれ異なりますので、お手元の資料などをご確認いただくといいかもしれませんね。

2-3.必要費として後日請求

賃貸している物件を通常使用していくために必要な修繕などにかかる費用を「必要費」と言います。
詳しく書くと、「建物の修繕費、家畜の飼料費、公租公課(固定資産税・都市計画税)などのモノの維持(保存)・管理に必要な費用」ということになります。

雨漏りや建具の不具合、設備として貸与されているもの(エアコンや給湯器など)の故障などを直すために掛かる費用と思っていただければと思います。

これらを直す費用は貸主が負担しなくてはいけませんが、真夏にエアコンが壊れたのに連休中で貸主や管理会社に連絡が付かない場合は費用負担がどうなるのか心配で手を付けられないなんてこともあります。

そんな場合は、こちらの民法の定めをご覧ください。

◆民法第608条1項
「賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができる。」

つまり、入居者(賃借人)の方で業者さんを手配して修理してもらってかかった費用を支払った場合、それを貸主に請求することが出来るとされているのです。

どうしてもの場合はこういう対応も出来るということを覚えておいてもいいかもしれませんね。
(特約等で禁止している賃貸借契約書もあるかもしれませんので、こちらも事前に確認お願いします。)

3.今日の一句

「設備故障 連休だけども 対応可 管理会社の 鑑になりたい」

出来る限り入居者の方の生活に寄り添い、快適な暮らしを実現していきたい。
そしてオーナー様の物件の資産価値へと繋げていければ、不動産管理会社としても成長できると思います。

◆◆◆ルームキューブ賃貸管理センター(株式会社Q-be)では、賃貸物件を所有のオーナー様からの賃貸管理・不動産投資に関するご相談をお待ちしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。◆◆◆
お問い合わせフォーム
TEL:03-5806-3123

「賃貸管理」カテゴリーの記事一覧へ

【株式会社Q-be代表 榎本敦史の賃貸管理】
家賃滞納の督促が不動産業界の入り口。その家賃の回収から入居審査、立ち退き交渉など、様々な入居者の方の人生模様に触れ、不動産管理会社のあるべき姿を模索し、株式会社Q-beを起業する。不動産投資のおまけのように扱われる不動産管理会社の仕事の大切さを知ってもらうために、収支改善、資産価値向上、コスト管理に空室対策といった分野で独自のアイデアを活かした賃貸管理サービスを提供している。


不動産ランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると励みになります。

LINEで送る
Pocket

その他の記事

最新NEWS一覧

その他の記事一覧

2019/10/17

不動産投資の罠

【インタビュー】不動産投資について不動産管理……

2019/10/14

賃貸・売買物件情報

浅草リバーサイドのDIY可能な賃貸マンション……

2019/10/03

不動産投資の罠

不動産投資。不動産を所有し、賃貸収入を上げる……

2019/09/24

空室対策事例

賃貸募集の間取り図作成の重要性と作成代行費用

2019/09/22

リノベーション

リノベーションの考え方と賃貸条件設定方法

2019/09/10

賃貸管理

悲報!家賃滞納、不法行為からの強制退去

2019/09/06

空室対策事例

元・かぼちゃの馬車シェアハウスが満室に!

2019/09/05

賃貸・売買物件情報

不動産業者が嫌いな不動産購入時の価格交渉5選……

2019/09/02

空室対策事例

在来工法浴室をシャワールームへ変更で空室対策

2019/09/01

空室対策事例

ジモティーを使った賃貸物件の空室対策事例

2019/08/24

空室対策事例

超簡単!賃貸物件、夏の空室対策事例

2019/08/18

不動産売却

離婚財産分与:不動産名義変更・必要書類と費用