BLOG
ー 新着物件情報や最新のお知らせをご紹介します ー

管理会社にも嫌われる大家さんの特徴、5選!

2021.07.10

賃貸経営


不動産ランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると励みになります。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「貸したらいくら?」「売ったらいくら?」プロの家賃査定、売却査定無料で受付中♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

数々の素晴らしい賃貸不動産オーナー、大家さんにお世話になっている弊社ですが、本日は禁断の記事を公開しようと思います。

というのも、最近本ブログのアクセスを見ていて思うのですが、

真面目な空室対策の記事
リノベーションのアイデアなど
賃貸管理の現場の話

といった真面目な記事よりも、ネガティヴな記事ほど閲覧が多い(笑)

ということで今回は「大家 嫌い」とか「嫌われる 大家」とかの検索ワードに引っ掛かればという願いを込めて、身を切る覚悟で真剣に書いてみようと思います!(笑)

…本当は、これから不動産投資を始められる方にとって是非読んでいただきたいと思って書いてみます。
簡単に言うと、管理会社は巻き込んだ者勝ちなのです。

【目次】

  1. 1.嫌われる大家さんは損をする!
  2.  2-1.ケチで強欲な大家さん!
  3.  2-2.世話を焼きすぎる大家さん!
  4.  2-3.管理会社を信用しない大家さん!
  5.  2-4.管理会社をこき使う大家さん!
  6.  2-5.上から目線がひどい大家さん!
  7. 3.パートナーを信用できないなら離婚しかない。
  8. 4.不動産賃貸管理会社の一句

1.嫌われる大家さんは損をする!

まず今回の記事の結論を先に書きます。

それは、「嫌われる大家さんは損をする!」ということです。

人から嫌われてて得をしている人っていないと思います。

(嫌われてるのに儲けまくっている人も中にはいますよ。
孫○義さんとか、柳○さんとか、杉○さんとか、坂○忍さんとか。
しかし、彼らは嫌われてるというよりは「アンチがめちゃくちゃ多い」というのが正解かもしれません。)

それでは彼らはなぜアンチが多いのでしょう?
・・・じゃなかった、どうして嫌われる大家さんは損をするのでしょうか?

・優秀なアイデアが集まらない。
・管理会社のモチベーションが低くなる。
・出来れば管理を外れてほしいと思われるので手抜きをされる。

といったところでしょうか?

折角いい入居者さんが住んでいても、発生したクレームの件で大家さんに相談しても嫌な態度で対応されると、それは回り回って入居者さんへ伝わり、結果的に大家さんに返ってきてしまいます。

いい入居者さんが少し嫌な入居者さんに変わり、管理会社の対応がそっけなく、いい加減になってきます。

「管理料払ってるんだからちゃんとやれよ!」

と言いたくはなるかもしれませんが、

「生活費入れてんだからいい嫁しろよ!」

と言われても、家事はしてくれるかもしれませんが、彼女の本物の笑顔を得ることは出来ないのと同じです。(名言の予感)

さて、それでは、本当に嫌われる大家さんの特徴5選をご紹介!

2-1.ケチで強欲な大家さん!

人間関係においてもこれは嫌われるというのが「ケチ」な「銭ゲバ」さんです。

お金は不動産投資の基本ですから、とても大切です。
しかし、それも行き過ぎると周りが離れていってしまいます。

・何個も何個も合い見積もりを要求してくる。
・壊れた設備の補修費をなかなか出してくれない。
・お部屋が決まらないのに相場とかけ離れた高いままの賃貸条件を一切変更しない。
・振込手数料をケチる。

などなど、お金に執着しすぎるあまりに、管理業務に従事している管理会社のスタッフさんや、大切なお客様である入居者さんのことも見えなくなってしまっていると、やはり嫌われてしまいます。

2-2.世話を焼きすぎる大家さん!

お世話を焼きすぎると管理会社というより入居者から嫌われることがあります。

「カレーを作りすぎちゃったからお裾分けどうかしら?」

私が昔住んでいたマンションの最上階に住む大家さんから、こうしてカレーをいただいたことがありました。
時には煮物も。
2ヶ月に一回くらい、そういったお気遣いをいただいていたことがあります。

学生でお金のなかった僕は、とても嬉しかったです。
たまに気遣ってくれるその優しさが、実家の母のようでちょうどよかったと思います。

しかし、これが頻繁にピンポンピンポンだったら・・・
しょっちゅうメールや電話で連絡が来ていたら・・・
自分の行動や、友人関係が全て事細かに把握されていたら・・・
遊びや食事に誘われていたら・・・
余計なプライバシーにまで入ってこられたら・・・

お世話も度が過ぎると「うっとうしい」に変わってしまうことが多々あります。

「良い大家」と「うっとうしい大家」は全く違います。
紙一重でもありません。大違いなんです。

入居者さんから嫌がられない適度な距離感ってとても大事なんですよね。

2-3.管理会社を信用しない大家さん!

賃貸経営を行う大家さんは、一社長です。
管理会社はその会社の従業員であり、入居者さんはお客様です。

賃貸経営を支え、発展させていくために働いている従業員である管理会社スタッフ。
そのスタッフから、

「そろそろエアコン交換しておいた方がいいんじゃないでしょうか?」
「2DKで和室2間はさすがに競争力がないので、1部屋でもフローリングにしませんか?」
「セキュリティが不安なのでTVモニターホンにしませんか?」
「空室の問い合わせが少ないので賃料を○千円下げてみませんか?」
「美観が悪いので清掃の回数を増やしませんか?」

あくまで管理会社としては市況・需要・データを駆使し、ご提案しているという前提のお話ですが、そのような様々なご提案があった際に、

『結果にコミットできるのか?』
『本当にそんな需要があるのか?』

なんて、敵対心丸出しで圧力をかけたり、猜疑心全開で信用してくれない大家さんは嫌われます。

人は信用されないと委縮し、何も動かなくなっていきます。

あ、ちなみに、僕はライザップさんのCMが大好きです。
でもあのCMを見て「コミット」という言葉を多用するようになった人が生理的に嫌いです(笑)

2-4.管理会社をこき使う大家さん!

管理会社は大家さんにとって「パートナー」ではありますが、「奴隷」ではありません。

パワハラ大家さんは、その立場を利用し、管理会社をこき使うことに長けています。

・管理委託契約外のことも無償でやらせようとする。
・管理会社の収益源を全て奪おうとする。
・管理会社より仲介業者の方が好き。
・何でもしてくれて当たり前だと思っている。

集金代行管理で依頼されてはいない事柄を、さも管理会社なら無償で対応しろよ!的な態度の大家さんはやはり嫌われますね。
それならその部分に対してはスポットで費用を捻出するとか、その部分の業務委託契約を結ぶ方がいいです。

2-5.上から目線がひどい大家さん!

これ、コロナの陽性者の確率以上の100人に1人は必ずいるパターンの大家さんです。

賃貸管理をさせてやってるんだから、俺様の言うことを聞け。

これが一番最悪です。

優しそうな奴隷商に連れられて、俺様大家さんの元へ連れてこられた管理会社は、これから虐げられたストレス満載の日々を過ごすのです。

管理会社が何を言っても「聞いてやった。」
管理会社が何をやっても「やらせてやった。」
管理会社が提案しても「考えさせてやった。」
管理会社がいいことをしても「当然だ。」

これじゃ管理会社のテンションもダダ下がりです。

こういう大家さんに限って、それほど儲けさせてもくれていませんし、管理会社としては出来れば管理を外れてほしいと感じていると思います。

3.パートナーを信用できないなら離婚しかない。

大切な資産である不動産の管理を委託するにあたり、選んだ管理会社。
その管理会社との相性が悪いとか、どうも信用できないとか、自分で何でも手を出したくなってしまったりとか、仲介業者の方がかわいいとか感じている場合は、管理会社を変更するか、自主管理に切り替えましょう。
オススメの自主管理についてはこちら

管理会社の変更を検討されているなら、是非一度弊社までお気軽にお問い合わせください♪

4.不動産賃貸管理会社の一句

『管理する 人の立場を 考えて 共に歩むが 成功の道』

以上見てきたように、大家さんと管理会社の関係性はとても重要です。

大家さんは管理会社のことを、管理会社は大家さんのことを、そして両者が入居者のことを考えていないといけません。
どちらかが独りよがりになってはいけませんし、相手のことを尊重できなくなってもいけません。

弊社ではそういったことを踏まえながら、より良い不動産投資と賃貸経営を、賃貸管理を通じてサポートさせていただきます。

弊社では全社員が宅地建物取引士の有資格者です。
また、不動産コンサルティングマスターや、住宅ローンアドバイザー、賃貸不動産経営管理士などの有資格者が賃貸・売買問わず、お部屋探し・賃貸管理のお手伝いをさせていただきます。

◆◆◆ルームキューブ賃貸管理センターでは、賃貸物件を所有のオーナー様からの賃貸管理・不動産投資に関するご相談をお待ちしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。◆◆◆
お問い合わせフォーム
TEL:03-5806-3123


不動産ランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると励みになります。

◆合わせて読みたい記事

【やるならやる!】賃貸不動産投資の収支改善方法5選!

コロナ以降の不動産市場は?ハイブリッド賃貸?価格下落?動向を検証する。

【不動産投資】賃貸経営の利益を最大化する方法。

「賃貸経営」カテゴリーの記事一覧へ

【ルームキューブ代表 榎本敦史の賃貸管理】
家賃滞納の督促が不動産業界の入り口。その家賃の回収から入居審査、立ち退き交渉など、様々な入居者の方の人生模様に触れ、不動産管理会社のあるべき姿を模索し、ルームキューブを起業する。不動産投資のおまけのように扱われる不動産管理会社の仕事の大切さを知ってもらうために、収支改善、資産価値向上、コスト管理に空室対策といった分野で独自のアイデアを活かした賃貸管理サービスを提供している。
LINEで送る
Pocket

その他の記事

最新NEWS一覧

その他の記事一覧

2021/07/16

リノベーション

【空室対策の和モダンリノベーション】事例紹介……

2021/07/13

賃貸経営

コロナで衰退する都心ワンルーム賃貸の特徴5選

2021/07/11

賃貸経営

コロナで衰退する都心ワンルーム賃貸とその理由……

2021/07/10

賃貸経営

管理会社にも嫌われる大家さんの特徴、5選!

2021/07/04

賃貸管理

高所作業のエアコン交換費用が高い!不動産管理……

2021/06/07

空室対策事例

東京のコロナとテレワークの空室対策方法7選!

2021/05/30

不動産売却

不動産の買い時と売り時は?不動産価格決定方法……

2021/05/24

賃貸・売買物件情報

【仲介手数料無料】東駒形ハイデンス・3SLD……

2021/04/12

管理人の独り言

不動産売却、売買仲介のお仕事が増えています。

2021/02/13

賃貸・売買物件情報

物件探しに使える地図はgooglemapsじ……

2021/02/12

管理人の独り言

俺の不動産賃貸管理業界③~「夕駆け・朝駆け」

2021/01/25

賃貸・売買物件情報

気に入った不動産物件はどうしていつも「高い」……