BLOG
ー 新着物件情報や最新のお知らせをご紹介します ー

紀州のドン・ファンの遺産約13億と相続の遺留分

2020.06.02

賃貸経営


不動産ランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると励みになります。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
法定相続人は?代襲相続は?法定相続分割合は?遺留分って?
弊社顧問司法書士、行政書士が、お客様の個別相談に無料でお答えします。
お気軽にお問い合わせください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「貸したらいくら?」「売ったらいくら?」プロの家賃査定、売却査定無料で受付中♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
和歌山の資産家「紀州のドン・ファン」と呼ばれた野崎幸助さんの残した遺産が、約13億2千万円とのことです。

遺産は全額を田辺市に寄付するという「自筆証書遺言」が残されていたようですが、その全額が必ず田辺市に入るわけではなさそうです。

今回は遺言と相続、そして遺留分減殺請求について、弊社提携司法書士である「99司法書士事務所」の代表司法書士である尾形先生と一緒に簡単にまとめてみたいと思います。

【目次】

  1. 1.今回の相続の流れ
  2.  1-1.相続人の確定
  3.  1-2.自筆証書遺言の有効性
  4.  1-3.相続財産を確定
  5.  1-4.遺留分減殺請求
  6. 2.どうすれば遺言通り全額寄付できたのか?
  7. 3.賃貸管理会社の一句

1.今回の相続の流れ

誰かが亡くなってしまった場合、遺産の大小に関わらず相続手続が開始します。
順を追ってごく簡単に説明してみます。

1-1.相続人の確定

紀州のドン・ファンには若い奥様の他に4人の兄弟姉妹がいたそうです。
ご両親は既に他界しており、子供もいない為、相続の権利があるのは奥様と兄弟姉妹の全員で5人。

民法ではこの5人のことを『法定相続人』と呼びます。
法律で定められた相続人ということですね。

また、この5人には『法定相続分』と言う権利をそれぞれ持っています。
それについて更なる詳細を知りたいという方は、以下の記事を参照してみてください。

相続って何?/司法書士九九法務事務所HP

ともあれ、紀州のドン・ファンの相続人は配偶者1名、兄弟姉妹4名なので、各自の法定相続分は、配偶者が遺産全体の3/4、そして残りの1/4を兄弟姉妹の4人で等分する形になるのです。

1-2.自筆証書遺言の有効性

紀州のドン・ファンは冒頭でもご紹介しましたが、自筆の遺言書を残していたそうです。
尚、このような形式の遺言書を「自筆証書遺言」と言い、対して、公証役場で作成する遺言書を「公正証書遺言」と言います。

どちらが良い悪いではなく、求められる用途の違いとでもいいましょうか―

ちなみに、法律の専門家は公正証書遺言の作成を極力勧めているそうです。
その点からすると、今回の遺言書が公正証書遺言でないのが驚きですが、決してそれ自体に問題があるわけではありません。

法律で定められた様式(直筆、日付、名前、押印等々)を満たしており、かつ、家庭裁判所で遺言書の検認手続を終えている以上は有効な遺言書になり得るのです。

報道を見る限り、田辺市は遺言検認手続の段階での家庭裁判所からの通知で寄付の事実を把握したそうです。
そうすると、無事、遺言の検認手続を終えていることになりますので、紀州のドン・ファンの自筆証書遺言は、法律上でも有効な遺言であったのでしょう。

つまり、紀州のドン・ファンとしては奥様、他4人の兄弟姉妹へは1円たりとも相続させないという遺志を法律上有効に表示していたことになります。

1-3.相続財産を確定

当初は50億円はあるだろうと言われていた紀州のドン・ファンの財産ですが、実際には13億2千万ほどということです。
約37億円減ったとはいえ、これだけでもとんでもない金額ですよね。
現金なのか?不動産評価額相当分はどれくらいなのか?
不動産評価額で13億2千万円だったらそれはそれで結構すごいですが、まずは13億2千万円だったというところまで特定はされているようです。

尚、遺言書が存在する場合に、相続財産を確定する作業を行うのは「遺言執行者」という者になります。
今回の紀州のドン・ファンの遺言書に遺言執行者が定められていたかどうかは不明ですが、規模と内容からすると、仮に定められていなかったしても事後的に選任されているであろうことはほぼ間違いないと思います。

ちなみに言うと、田辺市は今回、単に財産全額の寄付を受けるのではなく、きっちり調査した上で、かつ、「限定承認」という手続を取っているようです。

この手続は、簡単に言うと、「プラスの財産以上の負債は受け取らない手続」ですので、紀州のドン・ファンには多額の財産の他に負債(借金等)があったのか?もしくは単にその可能性に備えただけなのか?その詳細までは分かりませんが、慎重でいて賢明な判断であったことは間違いありません。

たとえ、13億2千万もの寄付を受けれたとしても、それ以上の義務が付加されるのでは(今回が実際どうなのかは分かりませんが)、たまったものじゃありませんから・・・

1-4.遺留分減殺請求

上記のステップを経て具体的な相続手続に移るのですが、今回はもうワンステップ手間が生じる可能性が高いように思えます。

「遺留分」というものをご存じでしょうか?

それは、一部の法定相続人に認められた最低限の権利のことを指します。
考え方としては、法定相続分の更に半分については、たとえ遺言書等が残っていたとしても法律上、これを保障すると言うものなのです。

ちなみに、兄弟姉妹については遺留分は認められていません。
たとえ法定相続人であっても、兄弟姉妹の財産まで当てにするなという立法趣旨なのでしょう。

ともあれ、今回のケースで言うと、遺言内容が有効である以上、紀州のドン・ファンの兄弟姉妹はその権利を田辺市に主張することができないわけです。

では、奥様はどうでしょう??

兄弟姉妹とは異なり、配偶者には当然に遺留分が認めらています。
そして、今回、本来の法定相続分は3/4になりますので、その更に半分(1/2)の3/8がそれに該当します。

仮に負債等が何もないのであれば、その額なんと5億円弱・・・

紀州のドン・ファンの奥様が具体的にどうするのかまでは分かりませんが、一般的にはなかなかこれを「いりません」なんて言えるもんじゃないですよね。

少なくとも僕だったら遺留分減殺請求をしちゃうのではないでしょうか。

2.どうすれば遺言通り全額寄付できたのか?

なかなかに難しい問題です。
遺留分という権利は法律で当然に認められている権利なので、例えば遺言書の中で遺留分を主張するなと言ったところで、それは何の効力も持ちません。
ありていに言うと、ただそう遺言書に書いてあるだけの状態です。

もちろん、それによって遺留分がなくなることはないのです。

では、どうすれば紀州のドン・ファンは田辺市に全額寄付することができたのか?
正直、死後の対応では遺留分には勝てません。
そのため、生前に相応の対応を取る必要があったわけです。

例えば、

①相続発生1年前に贈与しておく
②遺留分を自発的に放棄してもらう

ただ、①も万全とは言えません。
1年以上前の贈与であっても、あげる側と受け取る側が、遺留分の権利を持つ方の遺留分を侵害することが分かっていながら贈与した場合には、これも遺留分の計算の際の相続財産に含まれることになるからです。

②はある意味確実です。
既述のとおり、一方的に遺留分を放棄させることはできませんが、自発的に放棄してもらう手続は存在します。遺留分の放棄手続ですね。尚、これには家庭裁判所の許可が必要です。なかなかどうして高いハードルになってしまうと・・・

以上のように遺留分は相続人に与えられたかなり強力な権利です。
結論からすると、単に全額寄付するのではなく、生前によく話し合って決めるか、そうでなければ遺留分を意識しつつ、例えば遺留分減殺の順序を定めておく等、相応の処置を講じる必要があると言えるでしょう。

自分の財産なのに大変ですよね。

3.賃貸管理会社の一句

『認めても 認めなくても わだかまり 故人の義務は 揉めない相続』

世の中何が起こるか分かりません。
今の内に準備できることはしっかりと準備しておくようにしましょう。

弊社であれば、提携の税理士・司法書士・行政書士・宅建士・不動産コンサルティングマスターが連携し、よりよい相続をしていただけるようにお手伝いさせていただきます。

お気軽にご相談くださいませ^^

弊社では全社員が宅地建物取引士の有資格者です。
また、不動産コンサルティングマスターや、住宅ローンアドバイザー、賃貸不動産経営管理士などの有資格者が賃貸・売買問わず、お部屋探し・賃貸管理のお手伝いをさせていただきます。

不動産売却、不動産購入、住宅ローンのご相談、賃貸管理のご相談など、ご相談お待ちしております♪

◆◆◆ルームキューブ賃貸管理センターでは、賃貸物件を所有のオーナー様からの賃貸管理・不動産投資に関するご相談をお待ちしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。◆◆◆
お問い合わせフォーム
TEL:03-5806-3123

「賃貸経営」カテゴリーの記事一覧へ

【ルームキューブ代表 榎本敦史の賃貸管理】
家賃滞納の督促が不動産業界の入り口。その家賃の回収から入居審査、立ち退き交渉など、様々な入居者の方の人生模様に触れ、不動産管理会社のあるべき姿を模索し、ルームキューブを起業する。不動産投資のおまけのように扱われる不動産管理会社の仕事の大切さを知ってもらうために、収支改善、資産価値向上、コスト管理に空室対策といった分野で独自のアイデアを活かした賃貸管理サービスを提供している。


不動産ランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると励みになります。

【合わせて読みたい記事】

遺産相続:不動産名義変更方法・必要書類と費用

相続とは?~争わないための相続について①

遺言書の作成は難しい!?相続や事業承継を考える。

LINEで送る
Pocket

その他の記事

最新NEWS一覧

その他の記事一覧

2020/10/01

賃貸管理

いつの間にか連帯保証人が死亡していた!?

2020/09/13

賃貸管理

賃貸の入居者の高齢化問題を考える。

2020/09/06

管理人の独り言

俺の不動産賃貸管理業界②~「滞納督促で歩合?……

2020/09/05

空室対策事例

空室対策に繋がる賃貸物件のコンセプトの作り方……

2020/09/03

賃貸・売買物件情報

住宅ローンコンサルタントとアドバイザー

2020/08/29

管理人の独り言

元付不動産業者はこうであってほしい。

2020/08/25

管理人の独り言

俺の不動産賃貸管理業界①~「滞納督促デビュー……

2020/08/22

賃貸管理

自主管理や不動産会社を通さない契約の落とし穴

2020/08/21

空室対策事例

「ジモティー」の困ったお客様・入居者達をご紹……

2020/08/20

賃貸・売買物件情報

ウィズコロナな時代のおすすめ賃貸物件情報5選……

2020/08/09

賃貸・売買物件情報

マンションと戸建て比較。買うならどっちがいい……

2020/08/06

賃貸・売買物件情報

『クレディ小岩』~小岩の新築高級賃貸アパート……