BLOG & MEDIA
ー 新着物件情報や最新のお知らせをご紹介します ー

給湯器の寿命と交換・修理費用比較

2018.12.29

賃貸管理


不動産ランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると励みになります。

◆年末年始休暇のお知らせ
弊社は2018/12/30~2019/1/4まで年末年始休暇をいただきます。
各種お問い合わせは2019/1/5より順次、対応させていただきますのでご了承くださいませ。

今日が仕事納め。
他社より平均1日だけ長く働いていますよ~。
例年より1日だけ始業が遅くなりますが。

さて、大家さんや賃借人さんを悩ませる例の季節がやってきました。
そうです。冬。寒さの影響で給湯器の故障が相次ぐ季節です。

今回はそんな「給湯器」の寿命や、交換・修理した時の費用目安や、どちらがいいのかの簡単な比較をしてみたいと思います。
あくまでごく一般的なことのみをまとめますので、深堀りした専門的な内容は、ガス屋さんに確認するか、より専門的なサイトを検索してみてくださいね。

目次

  1. 1.給湯器の寿命は?
  2. 2.給湯器を長持ちさせるための方法
  3. 3.故障したら交換がいいの?修理がいいの?
  4. 4.給湯器交換と修理の費用比較
  5. まとめ

1.給湯器の寿命は?

「うちの給湯器は既に15年戦士だぜ。」
なんていう声を聞くこともありますが、一般的に給湯器の寿命は8~10年程度と言われております。

それは各給湯器メーカーの方針として、「給湯器部品の供給期限は製造終了から10年」としていることもあり、10年以上を経過した給湯器が壊れてしまった場合は、修理が出来ない(交換部品がない)ことがほとんどだからです。

2.給湯器を長持ちさせるための方法

給湯器は安いものではありませんから、出来るだけ長持ちさせたいと考える方が多いと思います。

給湯器の寿命を延ばすポイントは以下の3つです。

①設置場所と排気
まずは、設置場所ですが、給湯器は防水仕様のものがほとんどですが、それでも雨風吹き付ける場所に設置するのは避けた方がいいです、
また、給湯器の排気をスムーズにすることも長寿命化に繋がります。
排気口から他の建物や壁までの距離を60cm以上は確保したり、排気カバーなどで排気の流れをスムーズにすることも出来ます。

②水質
あまりないと思いますが、井戸水や温泉水を給湯器に繋いで使うと、内部の石灰化などが進行し、早ければ1年ほどで給湯器を交換しないといけなくなる場合もあります。

③入浴剤と清掃
追い焚き機能付きの浴室のある場合、入浴剤を使いながら追い焚きをしてしまうと、入浴剤が給湯器の中に入り込み、傷みを生じさせることがあります。
また、浴槽内の温かいお湯の出てくる穴についているカバー(循環アダプター)が汚れていると、給湯器からの送水が上手くいかなくなりますので、清掃も定期的に行うようにしましょう。

また、この季節は給湯器内の水が凍ってしまうことがあります。
長期の外出や賃貸物件の空室などの場合に、ブレーカーを落としてしまうと、凍結防止機能が停止してしまい、給湯器内の水が凍結し、膨張して、給湯器やその配管を破裂させてしまうこともありますので要注意です。

3.故障したら交換がいいの?修理がいいの?

給湯器の故障の場合、修理をするのか交換をした方がいいのか悩まれるかと思います。

一般的には故障した場合、保証期間内であればまずメーカーに修理を依頼しましょう。
保証期間を過ぎている、かつ設置から8年以内の場合は修理と交換、両方のお見積りを取るようにしましょう。
そして設置から8年以上経過している場合は、修理をしてもまたすぐに他が壊れてしまうなどして修理費や交換費用がかさむことがありますので、交換を前提に検討していきましょう。

ポイント
・保証期間内はもちろん修理
・保証期間終了~8年以内なら、費用対効果を検討
・8年以上なら交換前提で

となります。

業者さんは修理より交換の方が利益率が高くなることが多いので、交換を進めてくる場合もありますので、しっかりとご自身で判断するか、代わりに判断してくれる管理会社の意見も参考にするようにしてくださいね。

4.給湯器交換と修理の費用比較

給湯機故障の際の修理か交換ですが、おおよその費用はどれくらいなのでしょうか?
電装系・安全装置系・水制御系・リモコン系・燃焼系など、それぞれの故障の箇所によっても金額は変動しますが(最低工事費が安いと思われる順に並べてみました。)、賃貸マンションなどで一般的によく使われている普通の給湯器(16号程度)の場合のおおよその金額目安を書いてみたいと思います。

・修理の場合
¥10,000~¥60,000-程度
・交換の場合
¥60,000~¥80,000-程度
※工事内容によって変動します。

つまり、故障個所によっては交換してしまった方が長期的に見てお得な場合があります。
また、8年近く経っている場合はあと少し使えると思わないで、交換してしまうのも手です。

故障してしまって数日間給湯器が使えなくなってしまう可能性を考えれば、早めに手を打っておくのも大事です。

まとめ

賃貸物件の場合、給湯器が壊れてしまってから初めてあたふたしてしまうことが多いのですが、賃借人の快適な生活を守り、資産価値を維持していくために、交換時期の到来に合わせて、予めの給湯器交換を行っていくのも物件オーナー、管理会社としても務めであるんじゃないかなと思うようになってきました。

これからもよりブラッシュアップした賃貸管理をしていければと思っております。

「賃貸管理」カテゴリーの記事一覧へ

◆◆◆賃貸管理・不動産投資に関するご相談をお待ちしております。◆◆◆
ルームキューブ賃貸管理センター(株式会社Q-be)
東京都台東区北上野1-15-5カスタリア北上野1F
TEL:03-5806-3123
お問い合わせフォーム

→弊社の求人情報(engage)はこちら


不動産ランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると励みになります。

その他の記事

最新NEWS一覧

その他の記事一覧

2019/03/04

空室対策

繁忙期が終わる!閑散期の空室対策とは?

2019/02/23

Biz Q-be蔵前satellite

相続対策と家族信託

2019/02/09

賃貸経営

管理会社に委託してはいけない!4つの理由!

2019/02/08

賃貸管理

入居者が自殺!原状回復費用は?保証会社は?

2019/01/21

Biz Q-be蔵前satellite

相続とは?~争わないための相続について①

2019/01/08

Biz Q-be蔵前satellite

遺言書に関する法律の改正について

2019/01/07

空室対策

2019年、空室解消に向けた空室対策の提言

2019/01/05

管理人の独り言

台東区賃貸管理センター、管理会社としての20……

2018/12/29

賃貸管理

給湯器の寿命と交換・修理費用比較

2018/12/28

賃貸経営

火災保険を使って内装の原状回復を行うポイント

2018/12/27

賃貸管理

家賃滞納者に支払い督促を請求する流れ

2018/12/25

空室対策

非生産的。ポータルサイトで賃貸物件探しをする……